BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

ケアマネージャーの転職と注意点について

2021/12/01
ケアマネージャーは他業種からの転職が多ことで知られる職業です。
比較的給与も高いので、転職の候補に入れやすいでしょう。
今回は、ケアマネージャーへ転職するために知っておきたいことをご紹介します。

▼ケアマネージャーになるためには資格が必要

ケアマネージャーは、各都道府県が実施する、介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修を修了しなければ取得できません。
また受験資格には、相談員などの実務経験が5年必要となります。
合格率は、10~20%で難易度は高めです。

▼ケアマネージャーの転職先

主な転職先は、施設か住宅のケアマネージャーになります。
施設ケアマネージャーは、特別養護老人ホームなどで、ケアプランの作成がメインとなります。
住宅ケアマネージャーは、在宅介護支援センターなどに勤務し、自宅で介護を受ける方のケアプランの作成や訪問などがメインです。

▼転職活動のタイミング

ケアマネージャーは、毎年9月~3月に求人が増加します。
介護支援専門員実務研修受講試験の合格発表が11月~12月のため、発表後活動する人が増えることを考慮すると、9月~10月くらいに転職活動をするのがベストでしょう。

▼転職前に心得ておくこと

ケアマネージャーの仕事は、利用者はもちろん利用者の家族と深く関わります。
そのため責任が大きく伴います。
さらに、利用者と事業をつなぐ立場であるため、利用者に取って良いサービスを提供するためにもコミュニケーション能力が不可欠となります。