BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

福祉タクシーと介護タクシーの違いって何?車両の特徴ってあるの?

2021/05/01
福祉タクシーと介護タクシーをご存知でしょうか。その呼び方から同じ物だと勘違いしている方もいらっしゃいます。

今回は、福祉タクシーと介護タクシーの違いについてお伝えします。車両の特徴や役割についてもお伝えするので、福祉タクシーと介護タクシーの違いが気になっている方は是非このまま読み進めて下さい。

▼福祉タクシーと介護タクシーの違いとは

福祉タクシーは、運転手が介護士の資格を持っていないので乗降介助が出来ません。介護タクシーは運転手も介護士の資格を持っているので乗降介助が出来ます。

福祉タクシーは好きな場所に行けますが保険が適用されません。介護タクシーは保険が適用される代わりに必要な所にしか行けません。

▼福祉タクシーと介護タクシーの特性

福祉タクシーと介護タクシーにはどのような特性があるのでしょうか。下記に特徴をまとめました。

■介護タクシーの特性

介護タクシーとは、介護が必要な方や体が不自由な方が使うタクシーです。特徴としては、車椅子に座ったまま乗れるようにストレッチャーを装備していたり、運転手も介護が出来るように資格を持っている事です。

運転手が資格を持っているので乗降介助も行えます。

■福祉タクシーの特性

車の仕様自体は介護タクシーと同じですが、運転手が乗降介助出来ません。最大の特性は、前述した通り、保険が効かない代わりに好きな所へいけるという事です。

▼まとめ

今回は、福祉タクシーと介護タクシーの違いについてお伝えしました。正しく理解する事で、知り合いや家族がいざ使う事になった時にどちらを呼べばいいか分かります。

超高齢社会の基礎知識として覚えておきましょう。