BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

介護と介助の違いとは?分かりにくい用語を分かりやすく解説します

2020/12/15
介護という言葉も、介助という言葉も聞いた事があるのに違いがハッキリ言える方は少ないのではないでしょうか。似た言葉だからこそ混同してしまいがちですよね。

今回は、介護と介助の違いについてお伝えします。分かりにくい用語なので、違いが分からない方は是非じっくり読んでみて下さい。

▼介護と介助の違い

介護と介助の違いについて説明します。

■介護とは

介護とは、利用者さんや介護が必要な人が自立する為のお手伝いを指しています。つまり、全般の事を指すので、広く曖昧なものとなります。

■介助とは

介助とは、利用者さんや介護が必要な人の身の回りのお世話を直接するという具体性を持っています。

▼具体的な介護と介助の例

介護と介助について、まだ少し分かりにくいので具体的な例をまとめました。

■介護の例

介助と呼ばれているものは介護の一部です。介護に含まれる事は、利用者さんが自分らしく生きたいと思い必要だと感じた事を実現する事で、お手伝いが必要な事ほとんどの事が介護ですし、心から心配したり共に一喜一憂する事も介護といえるのではないでしょうか。

■介助の例

トイレのお手伝いをしたりお風呂に入るお手伝いをする事は介助に含まれます。

▼まとめ

今回は、介護と介助の違いについてお伝えしました。介護と介助の違いを理解する事で、いざ自分が取り組む際に使えますね。

OASIS GROUPでは、介護と介助に興味を持っている方を歓迎しています。熊谷で訪問介護スタッフの求人を行っていますので、興味がある方はご連絡お待ちしております。