BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

発達障害の子は放課後等デイサービスを利用可能?メリットも紹介

2020/11/01
発達障害のお子さんに友達を作ってあげたい、理解ある環境で育てたいと考えた時に放課後等デイサービスの利用を検討されている方も多いのではないでしょうか。

今回は、発達障害の子は放課後等デイサービスを利用可能かどうかについてお伝えします。合わせて、発達障害の子が放課後等デイサービスを使うメリットもご紹介しますので最後までご覧下さい。

▼発達障害の子は放課後等デイサービスを使える?

発達障害の子が放課後等デイサービスを使えるかどうかについてですが、結論からいうと使えます。発達障害以外にも、精神障害や知的障害、身体障害のお子さんも利用可能です。

放課後等デイサービスは、居場所になったり社会における必要なスキルを上げる場所に最適です。

▼発達障害の子が放課後等デイサービスを使うメリット

発達障害のお子さんが放課後等デイサービスを利用するメリットをまとめました。

■理解ある環境が居場所になる

同年代の子は、悪気なく発達障害のお子さんを傷つけてしまう事があります。しかし、放課後等デイサービスでは同じような環境の子が集まっているので居場所になります。

■コミュニケーション能力を高められる

社会に馴染むのにコミュニケーション能力は必要です。放課後等デイサービスでは、コミュニケーション面にも力を入れているので、コミュニケーション能力の向上が望めます。

▼まとめ

今回は、発達障害の子は放課後等デイサービスを利用可能かどうかについてお伝えしました。理解ある場所に発達障害のお子さんを預けるのは本人の居場所づくりにも繋がります。

OASIS GROUPでは、介護のスタッフの求人を行っているので、放課後等デイサービスのスタッフを見て介護スタッフとして働きたいと思った場合はご連絡下さい。