BLOG&COLUMNブログ&コラム
BLOG

訪問介護の仕事内容とは?訪問介護員が出来る事と出来ない事

2020/08/17
訪問介護員が出来る事と出来ない事について、どの範囲まで出来るかって分かりづらいですよね。

今回は、訪問介護の仕事内容についてお伝えします。どこまでが訪問介護員のお仕事なのか知りたい方は是非ご覧下さい。

▼訪問介護の仕事内容とは

訪問介護とは、介護保険法に基づいて訪問介護員が利用者の家に行って介護サービスを行う事をいいます。

訪問介護員になる条件として、介護職員初任者研修を修了している事が必須となります。

▼訪問介護員が出来る事と出来ない事

訪問介護員には出来る事と出来ない事があります。以下にご紹介します。

■訪問介護員が出来る事

利用者の身の回りのお世話や家事を行う事が出来ます。食事や入浴のお手伝いをしたり、洗濯をしたりゴミを出したり買い物に行く事も可能です。

■訪問介護員が出来ない事

利用者とは関係ない家事や医療行為は行なえません。インシュリンを注射したり、血糖値を測定する事も許されていません。

医師の診断や知識が必要かどうかが境界線となっているので、湿布を貼ったり目薬をさしたりという事は可能となっています。

▼まとめ

今回は、訪問介護の仕事内容についてお伝えしました。訪問介護というお仕事は、しっかりと資格を持った訪問介護員によって成り立っています。

訪問介護員になりたい方は、OASIS GROUPで求人を行っています。訪問介護のお仕事をご希望される場合はお気軽にご連絡下さい。